TOP春季リーグ戦全日本大学野球選手権秋季リーグ戦関東地区大学野球選手権明治神宮野球大会オープン戦




N e w s & T o p i c s

東海大に新入生合流、巨人金城コーチ息子は二塁守備

東海大相模から東海大に進んだ井上恵輔捕手、金城飛龍外野手の2人が2日、神奈川・平塚の同大グラウンドで、大学での練習初日を迎えた。

午前中の練習を終えた井上は「大学は量より質ですね」と率直に話した。ウオーミングアップに続きノックを受け、レベルの高さを感じたという。さらにブルペンで先輩たちの球を受け「高校よりボールの伸び、コントロールが全然違う。これが大学生なんだと思いました」。

安藤監督は「(ソフトバンクに入った)海野という絶対的な捕手がいなくなった。井上も育てていきたい」と期待する。2月末からの沖縄キャンプには新入生も数人抜てきする方針だが、井上も連れて行く予定だ。大学代表の正捕手を務めた海野が卒業。後継の正捕手は競争となるが、井上は「まだまだ技術も信頼もないですが、挑戦はできるし、しないといけない。その中でレベルアップできれば」と意気込んだ。

金城は二塁でノックを受けた。高校では、内外野両方を経験。最後の夏は三塁を守った。安藤監督は「高校でも、内野、外野、両方をやっている。見極めたい」。

巨人コーチの父には「大学は4年間、ある。過程を持って、最終目標に向かって焦らないように」と送り出された。「大学4年間を過ごして、プロ野球選手になって活躍するのが目標です。日々の練習、毎日の積み重ねが集大成になる」と意気込みを語った。

[2020年2月2日16時54分 日刊スポーツ]

「ミスター社会人野球」西郷氏が東海大コーチに就任へ

 96年アトランタ五輪銀メダルメンバーで、社会人一筋25年間の現役生活を送った「ミスター社会人野球」西郷泰之氏(47)=前ホンダコーチ=が、首都大学リーグ・東海大のコーチに3月1日付で就任することが14日、分かった。

 東海大は昨年、春の全日本大学選手権、秋の明治神宮大会ともにベスト4。14年の大学選手権を最後に日本一から遠ざかっている。安藤強監督(56)は「さらに上を目指すためには、打線の強化が急務。西郷に“打の東海”復活の手伝いをしてもらいたい」とホンダ監督時代の教え子を招へいした理由を明かした。

 西郷氏は三菱ふそう川崎からホンダに移籍した現役時代、パンチ力あふれる左の強打者として、都市対抗でチームを優勝に導くこと実に6度。同大会で放った通算14本塁打は歴代最多タイ。国内外で多くの経験を積み、ホンダ時代に同僚だった広島・長野が「師匠」と仰ぐ“レジェンド”だ。

 15年限りで現役を引退し、17年からホンダのコーチに就任。昨季限りで退任したことで安藤監督がオファー。同社の理解もあり、出向での就任が決まった。すでに外部コーチとして指導を開始している西郷氏は「勝負強い打者を育てて、自分のスキルアップにもつなげたい」と抱負を語った。

[2020年2月15日5時55分 スポーツ報知]

> 過去分 200820092010201120122013201420152016201720182019


2020年度

43名=AO合格+系列校

Sponsored Link

リ ン ク 集
東海大学野球部
(公式サイト)
東海スポーツ
(学生記者によるブログ)

ご 注 意
 当サイトは個人的に運営しているものであり、東海大学または硬式野球部の公式サイトではありません。

プライバシーポリシー
 Google のシステムによって広告が配信される過程で、
第三者が、ユーザーのブラウザ上のクッキーを認識し、読み取る場合があります。
また、情報収集の目的でウェブビーコンが使用される場合があります。
クッキーはブラウザの設定変更によって、拒否することが可能です。

校歌・応援歌・建学の歌を聴く







Copyright (C) 東海大学野球写真館 All Rights Reserved.