TOP春季リーグ戦全日本大学野球選手権秋季リーグ戦関東地区大学野球選手権明治神宮野球大会オープン戦




N e w s & T o p i c s

東海大・原田「負けてられない」箱根V陸上部に刺激

野球部も続け!

首都大学リーグの東海大が7日、神奈川・平塚の同大グラウンドで始動した。前日にはミーティングを行い、安藤強監督(55)が、昨年末の全日本選手権優勝のバスケットボール部と、正月の箱根駅伝総合優勝の陸上部を引き合いに「東海大はバスケ、陸上だけじゃないところを見せろ」と発奮を求めた。3日の箱根駅伝復路は、家族とともに大手町のゴール前に駆け付け応援。「良い刺激をもらいました。続けるように頑張りたい」。熱い思いを早速、選手たちにぶつけた。

今秋ドラフト候補の海野隆司捕手(3年)は「続いていきたい」。同じく同候補の原田泰成投手(3年)も「陸上部には同学年の選手が多くいる。負けてられない」とめらめら。ともに気合の入った表情を見せた。

今年のチームスローガンは「超えろ 〜勝利への執着心〜」。選手だけで話し合い、決めた。昨年は、春、夏ともリーグ戦は優勝したが、全日本大学選手権は1回戦敗退、明治神宮大会は関東5連盟による代表決定戦で1回戦敗退と、後が続かなかった。「超えろ」には、去年までの自分たちを超え、日本一にという思いが込められている。

海野が「日本一。そのためには、まずリーグ優勝は当たり前。そういうチームをつくっていきたい」と言えば、原田も「全国大会で日本一を。チームのためにやって、それで自分の成績もついてくればいい」と、悲願達成の決意を述べた。

[2019年1月7日20時0分 日刊スポーツ]



下関国際・浜松、浦和学院の矢野ら東海大へ

首都大学野球リーグの東海大の来年度新入生が、明らかになった。

昨夏、主将としてチームを甲子園8強に導いた下関国際(山口)の浜松晴天内野手(3年)や、同8強・浦和学院(埼玉)の矢野壱晟内野手(3年)が合格。同大会の星稜(石川戦)で逆転3ランなど4安打を放った済美(愛媛)の政吉完哉外野手(3年)も東海大に進学する。

[2019年1月24日13時35分 日刊スポーツ]

2019年版入部予定者はこちら



【首都大学野球】東海大が立大を下し、オープン戦白星発進

 首都大学リーグの東海大は17日、埼玉・新座市の立大グラウンドで今季初のオープン戦を行い、立大に2―1と勝利した。

 今秋ドラフト候補の151キロ右腕・原田泰成(3年)が先発すると、「5割か6割ぐらい」という状態で2回を1安打2奪三振、無失点。その後も、原田を含め6投手のリレーで、立大打線を7安打1点に抑え、順調な仕上がりを感じさせた。

 打線も5回までに10安打を放つなど活発。それでも、結果としては2点しか奪えず、安藤強監督(55)は「あと1本欲しいところで出ない。そこが出れば、もっといい展開になる。投手陣は順調」と話していた。

[2019年2月17日19時1分 スポーツ報知]



東海大・海野は甲斐キャノン級強肩送球 スカウト◎

 「東海キャノン」が南国でもさく裂した。今秋ドラフト候補の東海大・海野(うみの)隆司捕手(3年=関西)が4日、キャンプを行う沖縄・国頭村でホンダ鈴鹿とのオープン戦で二盗を2度刺した。

 1回表、最初の盗塁を刺した。ネット裏で視察していた楽天鷹野スカウトと、オリックス谷口スカウトが一塁側スタンドへ移動した。「こっちのほうが正確な二塁送球タイムを計りやすいので」と谷口スカウト。その後はホンダ鈴鹿の走者が出るたびに、記者も含めた3人のストップウオッチ音が1球ごとに「ピッ、ピッ」と鳴った。

 7回1死一塁。ホンダ鈴鹿の一塁走者、大城戸匠理外野手(28=法大)がスタートを切った。投球は直球。海野は機敏な所作で、ほぼ完璧な二塁送球。この日2度目の盗塁阻止を果たした。記者のストップウオッチは1秒81。鷹野スカウトの計測も同じく、1秒81だった。

 初めて海野を視察した鷹野スカウトがうなった。「これは、すごい…」。実は直前のイニング間送球でも、同スカウトの計測では1秒74が表示されていた。「肩は甲斐(ソフトバンク)にも負けないのでは。プロでも最上位クラスだと思う」と驚嘆した。

 谷口スカウトも「二塁送球1秒8といっても、投球を外して、ベース近くまで踏み込んで投げて1秒8という捕手もいる。海野君は通常の捕球位置で投げてのこの数字だからすごい。捕手らしくどっしり見えるし、構えも低いから投手が投げやすい」と賛辞が止まらなかった。

 試合後、球場横のビーチでの写真撮影へ歩きながら、海野は「この間、1つ盗塁を刺せなかったんです」と苦笑いしながら教えてくれた。東海大はこの日でオープン戦5試合を消化。盗塁を8度企図され、許した盗塁はその1つだけ。盗塁阻止率は驚異の8割7分5厘になる。

 さらには「去年のように、球が指にかかりきっていないんです。試合を重ねれば、まだ速くなると思います」と言うから驚かされる。春季リーグ戦の開幕まで約1カ月。海野は「ドラフト候補」にとどまらず、どうやら「ドラフト上位候補」として熱視線を浴びる様相になってきた。

[2019年3月4日22時37分 日刊スポーツ]



東海大 ドラフト候補右腕・原田が初完封 仲間の好守に感謝「みんなのおかげ」

首都大学野球春季リーグ戦 東海大4―0桜美林大 ( 2019年5月11日 平塚 )

<東海大・桜美林大>リーグ戦初完封を果たしガッツポーズの東海大・原田
Photo By スポニチ
 未消化の3回戦が行われ、東海大のドラフト候補右腕・原田泰成投手(4年、東海大望洋)が桜美林大を5安打に抑えてリーグ戦初完封。勝ち点を2とした。「序盤は調子が上がらなかったが、みんなのおかげで勝てた」とバックに感謝した。
 5、8回以外は毎回走者を背負ったが、145キロ直球を軸に併殺に仕留めるなどピンチをしのいだ。4回1死二塁の場面では、5番・細野が放ったフライを右翼の藤井健平外野手(4年、大阪桐蔭)が三塁へダイレクト送球。三塁へのタッチアップを阻止し、好プレーで盛り立てた。

 最上級生になり「結果を求めすぎる部分が多かった」と原田。それでもこの一戦が優勝争いを大きく左右するだけに、直球中心で強気の投球を見せた。安藤強監督も「丁寧にいきすぎているところがあったが、きょうは粘り強く投げた」とエースを称えた。

 あす12日は帝京大との2回戦に臨む。

[2019年5月11日 20:32 日刊スポーツ]



東海大3季連続V 目指した「絶対一丸」選手が体現

<首都大学野球:東海大5−0筑波大>◇第7週第2日◇19日◇越谷市民球場

東海大が、首位争いをしていた筑波大に連勝で勝ち点を挙げ、3季連続72度目の優勝を決めた。

先発した山崎伊織投手(3年)は「チームにリズムを与える投球を心がけた」と8回5安打9奪三振で無失点の投球。打線も山崎の熱投にこたえ、10安打で5点を挙げた。投打にかみ合った。

チームが目指したのは「絶対一丸」。日体大に勝ち点を落とし、安藤強監督(55)は「『個』が強かったが、それがチームになってぐっと1つになれた」と話した。

昨年は全日本大学野球選手権出場も初戦敗退。安藤監督は「もう1度、しっかり調整をして、まずは初戦突破を目指していきたい」と話した。リーグ優勝でチーム力を証明した東海大。次は、大学野球選手権でその力を披露する。

[2019年5月19日20時1分 日刊スポーツ]



東海大・山崎「勝てて良かった」優勝以来の初戦突破

<全日本大学野球選手権:東海大4−3立命大◇11日◇1回戦◇東京ドーム

2年ぶり38度目出場の東海大(首都)が、優勝した14年大会以来5年ぶりとなる1勝を挙げた。

先発した右腕・山崎伊織投手(3年=明石商)が6回まで2安打無失点と好投した。7回に連打や味方の失策で3点を奪われて逆転を許したが、8回にプロ注目の海野隆司捕手(4年=関西)が1死満塁から左前2点適時打を放って逆転。山崎は「良かったのは追い込んでからのボールがコースに投げられたこと。逆にカウントを取りたい球でうまくストライクが取れずに、球数は多くなってしまったところは課題です。野手に助けられました」。昨年もベンチ入りしていたが、登板なく九産大(福岡6大学)に2−3と1回戦で惜敗しただけに「悔しかった思いがあったので、勝てて良かったです」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

今季から同大OBでプロ野球ロッテの投手として活躍し、昨季までロッテのスカウトだった井辺康二コーチ(59)が就任した。山崎も「技術的な事というよりは『後ろに良いピッチャーがいるんだから力を出し切ればいい』など、精神的なことを伝えてくれています」と感謝。7回途中からリリーフした右腕・小郷賢人投手(3年=関西)を含めた投手陣の粘投に加え、主軸が打点を挙げるなど、投打がかみあって接戦を制した。

[2019年6月11日17時20分 日刊スポーツ]



東海大サヨナラ8強 松山仁彦28人連続0安打斬り

<全日本大学野球選手権:東海大2−1宮崎産業経営大>◇12日◇2回戦◇東京ドーム

東海大の左腕・松山仁彦投手(3年=東邦)が、快投でチームを準々決勝進出に導いた。

先発投手の調子が芳しくなく、3回から救援。2死後に安打を許したが、そこからは独壇場だった。制球重視で140キロ弱に抑えた直球と、3種類の変化球が次々にコーナーに決まる。「自分でもしびれるくらいでした」という快投は、回を追ってもペースが落ちない。

打線の援護がなく、10回と11回はタイブレークになったが、そこも無失点に封じた。結局3回2死から11回まで、28打者連続でヒットを許さなかった。リリーフで9回を投げ、1安打2四球(うち1つは申告敬遠)、14奪三振無失点の完璧な投球。「(捕手の)海野さんの配球も良くて、三振もたくさん奪えました」と振り返った。

1回戦の立命大戦では、先発した右腕・山崎伊織投手(3年=明石商)が7回途中3失点で降板も、自己最速153キロをマーク。山崎の後を受けた右腕・小郷賢人投手(3年=関西)も150キロを投げた。「とてもいいと思います」と松山も胸を張る豪華投手陣。「自分の後ろにとてもいい投手がいるので、気持ちが楽になりますね」と笑う。

熱投は報われ、タイブレークの11回に藤井健平外野手(4年=大阪桐蔭)のサヨナラ打が飛び出し、チーム全員ではしゃいだ。「この後もチーム一丸を貫き通していきたいと思います」と松山。13日は左右2枚看板を擁する大商大(関西6大学)と準々決勝を戦う。

[2019年6月12日18時27分 日刊スポーツ]



東海大・宮地が逆転V打 逆境下での紅白戦練習奏功

<全日本大学野球選手権:東海大4−3大商大>◇準々決勝◇13日◇神宮

東海大・宮地恭平外野手(4年=東海大相模)が6回、値千金の逆転適時二塁打を放った。

リーグ戦で日体大に敗戦以降、0−3とリードされた状態での試合開始など、レギュラー陣に不利な条件での紅白戦を重ねてきた。「おかげで劣勢でも心の余裕があるかなと思います」。宮地ら15年夏の甲子園優勝メンバーは、大学日本一にもあと2勝と迫った。

[2019年6月13日20時21分 日刊スポーツ]



大学日本代表合宿を東海大・小郷、杉崎がけがで辞退

全日本大学野球連盟は18日、第43回日米大学野球選手権大会の大学日本代表選考合宿(6月21〜23日、平塚)に参加する選手の変更を発表した。

東海大・小郷賢人投手(3年=関西)杉崎成輝内野手(4年=東海大相模)が、それぞれ右肘、左足首のけがで辞退した。

代わって、大商大・大西広樹投手(4年=大商大高)、中京学院大・吉位翔伍内野手(3年=中京)が追加で参加する。

[2019年6月18日15時52分 日刊スポーツ]



侍日本大学代表に明大・森下暢仁ら24人/一覧

日米大学野球選手権大会(7月16〜21日)に出場する侍ジャパン大学日本代表メンバー24人が23日、発表された。

メンバーは以下の通り。

【投手=8人】
11 伊藤大海(苫小牧駒大=駒大苫小牧)3年 右左 176、80
19 森下暢仁(明大=大分商)4年 右右 180、75
16 村上頌樹(東洋大=智弁学園)3年 右左 174、75
17 内間拓馬(亜大=宜野座)3年 右右 179、84
18 吉田大喜(日体大=大冠)4年 右右 175、76
14 山崎伊織(東海大=明石商)3年 右右 181、72
15 早川隆久(早大=木更津総合)3年 左左 180、80
21 佐藤隼輔(筑波大=仙台)2年 左左 180、78

【捕手=4人】
22 古川裕大(上武大=久留米商)3年 右左 182、86
2 郡司裕也(慶大=仙台育英)4年 右右 180、83
7 佐藤都志也(東洋大=聖光学院)4年 右左 181、83
12 海野隆司(東海大=関西)4年 右右 173、80

【内野手=8人】
6 牧 秀悟(中大=松本第一)3年 右右 178、81
26 田中幹也(亜大=東海大菅生)1年 右右 166、64
1 柳町 達(慶大=慶応)4年 右左 180、72
8 安本竜二(法大=静岡)4年 右右 180、85
10 篠原 涼(筑波大=敦賀気比)4年 右左 167、72
3 元山飛優(東北福祉大=佐久長聖)3年 右左 180、76
5 小川龍成(国学院大=前橋育英)3年 右左 172、72
4 児玉亮涼(九産大=文徳)3年 右右 165、63

【外野手=4人】
28 丸山和郁(明大=前橋育英)2年 左左 173、74
9 宇草孔基(法大=常総学院)4年 右左 185、83
25 森下翔太(中大=東海大相模)1年 右右 181、86
24 竹村 陸(近大=神戸国際大付)4年 右右 173、75

※主将は篠原(筑波大)

[2019年6月23日13時14分 日刊スポーツ]



東海大−大東文化大が開幕戦 首都大学秋季日程発表

首都大学野球リーグは1日、秋季リーグ戦の日程を発表した。

9月1日にバッティングパレス相石スタジアムひらつかで開幕。1部リーグでは今春優勝の東海大と、今春2部リーグで優勝し入れ替え戦を経て昇格した大東文化大が、開幕戦でぶつかる。日体大は帝京大と、筑波大は武蔵大と、それぞれ開幕カードを戦う。

今秋ドラフト上位候補の東海大・海野隆司捕手(4年=関西)らの活躍が注目される。

[2019年8月1日12時48分 日刊スポーツ]



東海大・海野が配球読み1発 チーム4連覇へ好発進

<首都大学野球:東海大6−2大東大>◇第1週第1日◇1日◇バッティングパレス相石スタジアムひらつか

東海大4番の海野隆司捕手(4年=関西)がダメ押しソロを放った。

5−2の9回1死、フルカウントから左越えへ1発。「引っ張りにかかってしまっていたので、詰まってもいいと考えました。直前に直球をファウルして、次は変化球だろうと。スライダーをうまく打てました」と読みが当たった。大学代表でもマスクをかぶり本塁打を放っているが、リーグ戦は自身第1号。4連覇へ好発進だ。

[2019年9月1日20時10分 日刊スポーツ]



東海大・山崎完封も「したかった」9回ノーノー失敗

<首都大学野球:東海大5−0大東大>◇第1週第2日◇2日◇バッティングパレス相石スタジアムひらつか

9回先頭に打たれるまで無安打を継続。惜しくも残りアウト3つで、リーグ史上16人17度目(うち完全試合は2人2度)の無安打無得点は逃したが、15奪三振の快投で、連勝による勝ち点1をもたらした。武蔵大も連勝で勝ち点。帝京大は日体大に勝ち、3回戦に持ち込んだ。

山崎は9回先頭、100球目のカットボールを左前に落とされた。「うまく打たれた。仕方ない」と切り替え、後の3人を抑えた。

8回にこの日最速150キロ。トレーニングだけでなく、元ロッテの井辺コーチから力を抜いても抑える投球を指導された成果でもあった。「ペース配分を考えて形になりました」と笑顔。ただ、最後は「したかったですねえ」と小学4年以来の無安打無得点を逃し、正直に悔しがった。

▽東海大・安藤強監督(無安打無得点を逃した山崎に)「残念! いけると思ってました。変化球が切れてましたね。(日米野球の大学)代表に選ばれ、自信がついたし、アメリカ人相手にゾーンでどう勝負するかを覚えたと思います」

▽東海大・海野(リードした山崎について)「むちゃくちゃ良かったです。最後まで力が落ちませんでした」

[2019年9月2日19時30分 日刊スポーツ]



東海大、海野の逆転打でV4「『強い東海』を証明できた」

◆報知新聞社後援 首都大学野球第5週第2日 東海大5―4帝京大(29日・越谷市民)

 東海大は、ドラフト候補・海野隆司捕手(4年=関西)の逆転打などで、帝京大に連勝。4季連続73度目の優勝と、明治神宮大会出場権をかけた関東地区大学選手権への2年連続13回目の出場を決めた。筑波大は、日体大のプロ注目右腕・北山比呂(4年=横浜)を打ち崩し、今季初の勝ち点。大東大は延長10回、武蔵大のバッテリーミスで勝ち越した。

 優勝をかけた試合で、海野が逆転の一打を放った。1点差に迫った2回2死満塁。前日(28日)も先制の3ランなど5打点と活躍していた4番は「昨日から真っすぐしか打っていなかった。変化球が来ると頭の中にあったが、来た球を打とう」。直球を捉えて左前に運ぶと、一塁ベース上で笑顔を見せた。人さし指をかかげるポーズをベンチに示し、喜びを表現した。

 初回に3失点したが、海野は「今の打線なら追いつける。気にしていなかった」と「扇の要」らしく、どっしり構えて反撃の好機を逃さなかった。「『強い東海』を証明できた」と4季連続Vに攻守で貢献した。

[2019年9月30日 6時0分スポーツ報知]



東海大4年ぶり神宮切符、監督「我慢の勝負だった

<関東地区大学野球選手権大会:東海大6−2上武大>◇準決勝◇31日◇横浜スタジアム

東海大(首都大学1位)が上武大(関甲新学生2位)を破り、4年ぶり21度目の明治神宮大会(11月15日開幕、神宮)への出場を決めた。

先発した来秋ドラフト候補右腕の山崎伊織投手(3年=明石商)が、コンディション不良のために5回2安打無失点ながら、そこで降板。安藤強監督(55)は「我慢の勝負だったと思います」と継投に入った。最終回は一打同点の状況まで上武大に迫られたが、何とか振り切った。

ソフトバンクから2位指名を受けた強肩の海野隆司捕手(4年=関西)は、5回無死一、二塁のピンチで、自らのけん制で二塁走者をアウトにした。「上武大とはこれまで何度も試合をして、ずっと接戦だった。先制点をとるまで、何とか守備で流れをつかもうと思っていました」という意識通りのビッグプレーで、流れを呼び込んだ。

[2019年10月31日17時53分 日刊スポーツ]



> 過去分 20082009201020112012201320142015201620172018




Sponsored Link

リ ン ク 集
東海大学野球部
(公式サイト)
東海スポーツ
(学生記者によるブログ)

ご 注 意
 当サイトは個人的に運営しているものであり、東海大学または硬式野球部の公式サイトではありません。

プライバシーポリシー
 Google のシステムによって広告が配信される過程で、
第三者が、ユーザーのブラウザ上のクッキーを認識し、読み取る場合があります。
また、情報収集の目的でウェブビーコンが使用される場合があります。
クッキーはブラウザの設定変更によって、拒否することが可能です。

校歌・応援歌・建学の歌を聴く







Copyright (C) 東海大学野球写真館 All Rights Reserved.